早春の神奈川・足柄路は魅力がいっぱい!2012 まつだ桜まつり & 開成瀬戸屋敷ひなまつり 開催 For IE only 更新日 2012.1.31
富士山を望める早咲き桜と、江戸幕府小田原藩主・大久保家の雛飾りが愉しめる「あしがら路」
■日本一の山「富士山」と共に、あしがら平野が見渡せる絶景の松田山。
早春の季節は、ひと足早く春の訪れを告げる早咲き桜260本と菜の花に加え、富士やパノラマ風景のコラボが楽しめます。
詳細は、主催の松田町・松田町観光協会をご覧ください。
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~matsuda/
пF0465-85-3130
■桜開花状況は松田町観光協会のHPで確認出来ます。■
足柄平野を見渡せる夜景と、夜桜のコラボレーションが愉しめる「夜桜ライトアップ」は、5分咲きほどから。
17時〜21時まで、公園内へ入園可能となります。
開花情報は、上記の松田町観光協会HPにて告知されていますので、参考にしてお越しください。


※気候状況により、開園時間および祭期間の変更もあります。


■江戸幕府・大久保氏による小田原藩統治の時代。名主をつとめた瀬戸家の屋敷が「あしがり郷 瀬戸屋敷」。
この築300年(推定)にわたる古民家いっぱいに、雛飾りで敷き詰めて催すのが「瀬戸屋敷ひなまつり」です。江戸期〜平成期までの雛人形と、つるし雛は古民家にピッタリ。ノスタルジックな気分に浸れますので、近くまでお越しの際は、ぜひお寄りください。

[入園料]300円
詳細は、瀬戸屋敷ひなまつり実行委員会を
ご覧ください。
http://www.kaisei-hinamatsuri.com/
瀬戸屋敷ひなまつり 実行委員会事務局 
開成町まちづくり部産業振興課 
TEL.0465-84-0317
江戸期の雛人形と雛道具(大名・大久保家家紋入)を展示
江戸末期より瀬戸家に伝わる雛人形や、小田原藩主・大久保家(江戸時代)の家紋が入れられた書見台や碁盤などの道具類は、当時の瀬戸家の旺盛さをうかがわせる立派なもの。「ひなまつり」の時期だけ一般公開されております。
個数7000を数える手づくりのつるし雛
築300年の歴史ある萱葺きの古民家いっぱいに飾られたつるし雛は、すべて手づくり。古民家ならではの独特な柱や色合いと、つるし雛との絶妙なマッチングをお楽しみください。



足柄上商工会・あしがら観光まちづくりプロジェクト室  Since 2010
足柄上郡松田町松田惣領2083-2 足柄上商工会館2F
Tel:0465-83-3261 Fax:0465-83-3213
無料アクセス解析レンタル掲示板無料ブログ作成掲示板/日記/ブログ無料